お客様の生の声を聞ける覆面調査を取り入れよう

一番原始的な方法

スーツの人

ミステリーショッパーとも呼ばれる覆面調査は、店の実態を把握する一番原始的な方法となります。しかし店の実態を調査するには、最適な方法となります。同一人物が複数店舗を調査することで調査基準が一定となるのです。

客側に最も近い視点

虫眼鏡を持ったスーツの人

覆面調査は社員による臨店とは異なり、客側に最も近い視点で専門的な調査ができると好評です。結果は数値と評価で具体的にグラフ化され、改善策も明確になります。調査内容は自社の要望に合わせてカスタマイズでき、より高い効果が得られると好評です。

潜入調査をしよう

レディ

現場のありのままを知る

サービスの品質向上を目的として、現場の現状を知り、そこに潜む問題点とその解決策を考えることは企業にとって大切です。現場の現状を知る有効な手段の一つに「覆面調査」があります。事前に調査の連絡をしていては、現場のありのままの姿を知ることはできません。また、その事業に携わる人間にはない第三者の新たな視点で多角的に現場を見ることで、問題解決につながるヒントを得られる可能性もあります。そのため覆面調査員が予告なく現場に潜入し、スタッフの対応や商品・サービスの品質管理の実態を調査します。つまりスパイのようなものです。覆面調査員はその企業の関係者だけではなく、一般の人もなることができます。覆面調査員はアンケートリサーチやモニターの会員が多いです。たいていの場合、1回の調査で複数人が覆面調査員として採用されます。覆面調査員を希望する会員は、企業側からの事前アンケートに回答し、その中から覆面調査を行う日時や場所の条件が合った人を選出します。調査当日は対象の場所に一般客のフリをして行き、接客の様子や品質管理の詳細を記録し、レポート等で報告を行います。調査が終了したら、覆面調査員に報酬が支払われます。覆面調査は、企業側にとっては現場のリアルな様子を知ることで問題解決の第一歩を踏み出すきっかけになり、調査員にとっては企業や社会に貢献して報酬を得ることができるという、まさに「Win−Win」な調査方法です。

店舗巡回員とは

説明

ラウンダーと呼ばれる仕事内容があります。以前ルート営業と呼ばれる形態に相当し、店舗を回って自社の商品の売れ行きがどうか調査を行い、同時に販売面で企画や提案を行う内容となっています。派遣としての求職欄で見られ、自家用車で直接店舗を巡回しそのまま帰宅することも可能とされています。